安田美沙子

大学在学中、京都駅前の伊勢丹でスカウトされる。
2002年、「ミスマガジン2002」に於いて「ミスヤングマガジン」に選ばれる。
2003年、週刊プレイボーイ誌の第6回トレカ大賞で新人賞を受賞。また、この年から地元・京都に本社を構える消費者金融・アイフルのCMに出演し話題になる(その後アイフルに違法な高金利や取り立てなどの各種トラブルが存在することが発覚し、2006年4月以降は放送が休止されている)。さらに、徳間プロモーションのe-niceレーベルより歌手デビューも果たした。
2004年、サントリービールキャンペーンガールに抜擢された。
2005年10月〜12月に放送されたテレビ朝日のドラマ「熟年離婚」で女優デビュー。
2006年3月には第43回ゴールデン・アロー賞“グラフ賞”を受賞。前年にミスマガの後輩・岩佐真悠子が同賞を受賞した際にも同賞の候補の一人に挙がっていたこともあり、満を持してといった感の受賞となった。
posted by あいふる at 22:22 | 日記

yasudamisako

二卵性双生児の弟がいる。
中学・高校ではバスケットボール部に所属していた。テレビ朝日の番組「堂本剛の正直しんどい」では、堂本剛や山里亮太(南海キャンディーズ)らと共にママさん最強バスケチームと対戦。経験者だけあって良い動きで堂本らをフォローした。
高校の先輩に坂下千里子がいる。
親友には同事務所で同い歳のタレント熊田曜子がいる。某クイズ番組では、風邪で出演出来ない熊田に代わり出演した。
日本テレビ「ナイナイサイズ!」にゲスト出演し、好きな男性のタイプはと聞かれた際、背の低い岡村隆史を見つめながら「背の高い人が好きです」と言っていた。この様なベビーフェイスからは想像も出来ない毒舌コメントをすることもある。岡村は後にラジオで「テンション下がった。あれはひどい」とぼやいた。
デビュー当時から、関西ローカルの番組での共演が特に多く、現在も「アッコにおまかせ!」で共演機会のある松村邦洋を尊敬しており、意外にも「お父さん・師匠みたいな感じの人」と言っている(TBS「関口宏の東京フレンドパークII」にて)。
フォークデュオ・ゆずのファンである(いわゆる「ゆずっこ」)。以前に番組で共演する機会があり、その際2人に手作りのチーズケーキを振舞ったことがある。
藤崎奈々子、山口もえ、眞鍋かをり、小倉優子に続く『天然ボケキャラ』と呼ばれている一方で、井川遥、乙葉、吉岡美穂に続く『新・癒し系の女王』の呼び声も高い。また、番組のトークでは「うちは(私は)」や「めっちゃ」など関西弁(京言葉)を多用している。
posted by あいふる at 22:21 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。